仏教ねえさんの灯点し頃の骨休め

仏教について、少しずつお勉強したことを記録していこうと思って始めたブログです。ひよっこコラムニストです。

高松塚古墳へ行ってきました

古墳、かわいいですよね。 あのフォルム。 地下に閉ざされた過去の空気感。 なんとも想像力をかきたてられる、魅惑的な古墳。 壁画館に立ち寄り、知識を蓄え、いざ! どーーーん か、かわいい。 感激いたしました。 思ったより小ぶりな古墳ですが、この中に7…

奈良 長谷寺へ

久しぶりのお寺さん。 奈良の長谷寺へお参りに行ってきました。 あいにくのお天気でしたが、それもまた幻想的でございます。 到着した途端、鞍馬寺を思い出す。 道の作りがほぼ同じ。 もしかして天狗さまがいらっしゃるのかと思えば、本当にいらっしゃいまし…

初えびす

勤務先の人たちと、豊中えびすに行ってきました。初えびすに行くのは、10年ぶり。 10日が本えびすなので、すごい人出。 えべっさんに商売繁昌をみんなで祈願。 社長にリンゴ飴を買ってもらいました。 久しぶりで嬉しい。 人生で初めて、熊手を買いました。 …

初詣

伏見稲荷、伊勢神宮など、錚々たる神社へ詣でに行きたい。けども、人混みは避けたい。 ということで、近所の神社へ初詣。 やっと新年を迎えられました。 おみくじを引く。 大吉。 短気をいましめて身をつつしむ 何事にも心穏やかに 感謝の心が湧いた時、身も…

あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。 年末年始感が全くないまま、年越しをしました。こんなに何も感じない年末年始は初めてかもしれません。 とはいえ、やっと今日、今年の目標やらを考え始めました。ダラダラと時間を費やし、やっとこれではあかん…

近所の神社で心を整える

台風が近寄ってきているせいか、風と雨がひどい。遠出はあきらめて、近所の神社へ参拝。初詣以来に訪れました。 近所の神社は、宇賀御魂大神(ウカノミタマノカミ・名前の「ウカ」は穀物・食物の意味で、穀物の神。性別が明確にわかるような記述はなく、古く…

とんだ誕生日になってしまったので、明日お寺さんへ行くことにした。

10月はなにかと慌ただしく、仕事が激務で、イライラすることばかり。家に帰れば、ひたすら海外ドラマを見て、1日に溜まったストレスを発散するしかないという日々が続いていた。そしてそれは今も継続中。 そして、誕生日の今日。誕生日休暇をいただいてい…

今までになくできていること

ここ最近、英語の勉強を毎日できるようになってきました。 一番の目的は、好きなアーティストやバンドのメンバーとお話ししたいという不純な動機。 これは10代の頃からずーーーっと思ってきたこと。 思ってるだけで特に何もしていなかっただけで。 次の目的…

ちょっとした嬉しいこと。

涼しくなってきたので、とても嬉しい。 昨日、爪のお手入れをしてもらったので、指先がキラキラしてて、とても嬉しい。 本屋に行って、衝動買いしたけど、嬉しい。 ずっとうさぎさまの病院ばかりでお出かけしてなかったけれど、 ちょっと繁華街まで遊びに行…

9月になったので、再開。そして反省。

暑いのがあまりに苦手なのと、わが息子のうさぎさまが体調を崩してしまって病院通いが続いたことと、仕事が慌ただしかったこともあり、ゆっくりすることができなかった8月。 暑い時期は、全部何もかもお休みにしたらいいのに。 オールクローズ!! と、叶う…

まるっと4日間の接心

毎日3時45分起床。21時すぎ就寝。 宵っ張りの朝寝坊のわたしは、どう坐禅をしたのか。 果たして坐禅はできたのか。 うつらうつら問題、勃発 案の定、眠い。うつらうつらして、坐禅どころではない。隣に坐っていた新人雲水さんも、もぞもぞ。もちろんわたしよ…

接心前夜

路線バスを降りて、山道をいざ。 歩き始めて3分。 け、結構しんどいな!とすでに心細い。 と言いながらも、農家の方に出会ったら「こんにちはー!暑いですねー!」なんてご挨拶しながら歩きます。 ここからだんだん坂道が険しくなる。 もう心折れる。 相当…

いつになく緊張

長距離バスから降車。外は雨。 路線バスに乗るまでの空き時間に、常連さんたちの楽しげな会話で賑やかな喫茶店で一服しながらしたためておきたいことを。 平成29年の前半があと10時間くらいで終わりを迎え、いよいよ後半が始まります。特に意図していたわけ…

今週末からお山にこもります。

人生で初めて、接心をすることに 某お寺さんのご住職のご厚意で、7月1日から5日まで接心してきます。 本来なら修行者のみ。 なんちゃって仏教徒であるわたしなんかが行ってもいいのかしらんと思いながらも思い切って飛び込むことにしました。 他の修行者さん…

ブログのタイトルを変更しました

「仏教ねえさんの仏教お勉強ブログ」は、「仏教ねえさんの灯点し頃の骨休め」にタイトル変更したことをご報告いたします。

最近

文章力養成講座に通っています。 すぐに文章力がつくわけではないし、こんなもんなんかなぁという講座全10回。 文章を書くプロに教えていただいているので、学びは多いけれど、 ふんわりとつまらなさを感じていたりします。 自分が求めていた講座ではなか…

ネルケ無方師による「私の理想の生き方と死に方」講演へいってきた。

昨年の7月だったか、安泰寺の夏合宿以来の無方さん。 朝日カルチャーセンターには年1回は講座をしにいらっしゃるよう。 今回は、「生き方と死に方」についてのご講義でした。 無方さんならではの「キリスト教と仏教の比較」でお話してくださったので、 キ…

『ゆるす 読むだけで心が晴れる仏教法話』を読んだら、ちょっと心が晴れたよという話。

なかなか読む勇気がでなかった本。昨年の6月に購入したまま、寝かせておいた本。 ゆるす: 読むだけで心が晴れる仏教法話 著者 : ウ・ジョーティカ 新潮社 発売日 : 2015-04-24 ブクログでレビューを見る» GWが幸いし、少し心に余裕が出てきた感じがする。気…

最近やたらと攻撃的な気持ちになるからもうだめだってなった件

最近やたらと攻撃的な気持ちになる。 人に対して怒鳴りたくなるし、叫びたくなる。 きっとわたしは今、人に過剰な期待をしているのだ。 なんでそうなるの? なんでできないの? なんでそういう発想になるの? 意味がまったくわからないんだけど。 といった調…

父について思うこと。

わたしがまだまだ幼い頃、それこそ物事の判別がつく前に、 父は、仏の世界へ「一足お先に!」と旅立っている。 本日、父の弟と妹が大阪へやってきた。 ちなみに父は、5人兄弟の真ん中。 叔父と叔母は、父のことを聞かずとも語ってくれるため、 父のことを知…

ひとりが好き=孤独がすき ということではないのだ。

一ヶ月くらい前に、縁あって、 ほぼお見合いに近い紹介をしていただいた。 正直、結婚には興味はないけれど、 一緒に歳を重ねていける異性はいた方がいいような気もする。 どうやら、お相手はわたしを気に入っていただいたようで。 先日その男性からお誘いを…

死について考えたこと。

前、ブログに書いたことの続きを自分なりに考えた。 死とは何か。 buddhistwoman.hatenablog.com 死とは現代の日本人にとって、忌避される問題だと思っている。 今、生きていて若い人のほとんどは、自分が死ぬことなんてさほど考えてないだろう。 わたしも実…

怒らないことって我慢することとは違う。頃合いがわたしにはむずかしい。

しがないOLをしている仏教ねえさん。 雇われる生き方は、安定がある反面、窮屈でもある。 職場は人間関係を構築するのに、人生最難関のステージだと思っている。 自分と価値観の合わない人とうまくやっていくには、 「おかしなこと言ってるな」と思っていて…

死とは何か。の問いに対し、ある一つの答えがあって驚いたこと。

たまに受講しているgacco。 memento mori〜死を想え〜という講座がある。 第1週を受講し終わり、納得したことがあったため書いておくことにする。 人は必ず死ぬ。 死ぬことについてよく考える。 死ぬことが楽しみではないけれど、死に対しての恐怖は今のと…

幸せは人それぞれ。

現実逃避を無意識にしているのか、 家に帰る前に、近所でコーヒーを飲みながら、 小一時間ほど本を読み。 帰ってからは、映画を観る。 これがいいのか悪いのかわからない。 英語のお勉強もしたい。 坐禅もしたい。 でも、ダラダラもしたい。 疲れてるんだと…

風邪っぴきだったけど、京都行ってきた。

先週から風邪をひいていて、鼻がぐしゅぐしゅしています。 それでも昨日は師匠とお出かけの約束。 楽しみにしていたので行かないわけにはいかん! ということで。 いそいそと京都まで出かけてきました。 マスクを装着して。 1つ目のお目当てはここ。 若冲さ…

仏教の勉強がとどこおっている件。

ここ数ヶ月、めっきり仏教から遠ざかっている名だけの仏教ねえさん。 たしか昨年の9月くらいから仕事もプライベートもあわただしく、 本もろくに読めないしという、余裕のない生活が続いていた気がする。 新しいものをインプットする気力もなく、 アウトプ…

1月に入ってから映画づくし。

海外ドラマも見尽くしたし、次は映画か。と、 huluとamazonプライムで手当たり次第観ている。 歴史ものが好きなため、どうしても戦争ものを選んでしまう。 そして、ナチ党が気になるため、ヒトラー関連の映画を立て続けに3本。 ヒトラー 最期の12日間 ヒ…

『地獄変』は強烈!これは芸術としか思えない。

教科書で読む名作 羅生門・蜜柑ほか (ちくま文庫) ちくま文庫から平成28年12月10日に発刊された本。 掲載されている作品は、すべて教科書に出典されている。 「羅生門」は、ふぅん。 初めて羅生門を読んだと思われる中高生だったわたしには、羅生門のよさが…

あけましておめでとうございます。

気づけば1月。月日の経つことがなんとまぁ早いこと。 ブログのことを忘れていたわけではないのですが、何かと慌ただしい日常があっちにこっちにと散らばっていて、思考を整理する間も無く、日々に流されておりました。 取り急ぎ、仏教ねえさんは元気です。 …