読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏教ねえさんの仏教お勉強ブログ

仏教について、少しずつお勉強したことを記録していこうと思って始めたブログです。ひよっこコラムニストです。

幸せは人それぞれ。

現実逃避を無意識にしているのか、

家に帰る前に、近所でコーヒーを飲みながら、

小一時間ほど本を読み。

帰ってからは、映画を観る。

 

これがいいのか悪いのかわからない。

 

英語のお勉強もしたい。

坐禅もしたい。

でも、ダラダラもしたい。

 

疲れてるんだと自分を慰め、映画を観る。

万年疲れてるので、

どこかで変化を持たせないと。

 

晩ご飯を食べながらみたTVショウ。

「やりたいことを絶対にやる」ということで、

元トップ営業マンがアフリカで中古タイヤ販売をしていると観た。

アフリカ・ベナン共和国で奮闘する30歳の男性のお話だ。

 

アフリカは貧困で喘いでいるのだ。

わたしは日本でぬくぬくとダラダラ。

 

不自由なく生活してて、贅沢な暮らしがある。

お金にも困ってないし、いじめられたこともない。

職もあるし、欲しいものは大抵手に入れられる。

それでも。

やりたいことはつねに後回し。

 

こんな風にダラダラできるのも幸せ。

やりたいことをやらないことも幸せ。

とも思える。

 

幸せなんて、こうやってふと考えたときにやってくるものなのかもなぁ……

 

 

風邪っぴきだったけど、京都行ってきた。

先週から風邪をひいていて、鼻がぐしゅぐしゅしています。

 

それでも昨日は師匠とお出かけの約束。

楽しみにしていたので行かないわけにはいかん!

ということで。

いそいそと京都まで出かけてきました。

マスクを装着して。

 

1つ目のお目当てはここ。

f:id:terasophy:20170130224117j:image

若冲さんを観に行ってきました。

本邦初公開の鸚鵡牡丹図が展示されています。

東京では若冲ブームで、ものすごい混雑しているとの見聞きしていましたが、

朝一だったこともあり、混雑はなかったですが、

開館時間前に10人くらいは集まっていました。

 

一番衝撃だったのは、にわとりの屏風。

にわとりの躍動感。

観察し続けていないとあんな動きは描けないだろうなぁと驚き。

ひよこが雌鶏の近くにいたり。

にわとりがあんなに可愛いとは思ってもみませんでした。

 

f:id:terasophy:20170130224939j:image

 

衝撃を受けたので、つい激しく衝動買い。

 

ランチは、上京区にある和食・京料理の寺町よしくらさんで。f:id:terasophy:20170130225020j:image

f:id:terasophy:20170130225029j:image

おばんざい、食べ放題。

師匠も美味しいと喜んでくれました。

よかった。

京料理は食べた覚えがなかったので、

こういう機会がないと食べられません。

幸せ。

ごちそうさまでした。

 

 

ランチの後、鴨川を渡り、出町柳駅までてこてこ歩きました。

f:id:terasophy:20170130225536j:image

 

 

ロールシアター京都でイベントに出席させていただいて。

久しぶりの名古屋の友人にも会えて。

師匠とマンツーマン。

楽しい京都を満喫しました。

 

やっぱりお出かけは大事だなぁ。

 

ありがとうございました。

 

 

ただの雑記。

仏教の勉強がとどこおっている件。

ここ数ヶ月、めっきり仏教から遠ざかっている名だけの仏教ねえさん。

たしか昨年の9月くらいから仕事もプライベートもあわただしく、

本もろくに読めないしという、余裕のない生活が続いていた気がする。

 

新しいものをインプットする気力もなく、

アウトプットする気力もなく、

ただただ、目の前のものをこなしていく感じだったかもしれない。

もちろん坐禅もしていない。

 

ふってわいてきた転職話にじっくり腰をすえて考え、

今の仕事のことをじっくり考えて、師匠に相談し、

断腸の思いでお断りさせていただいた。

 

母が倒れて、救急に運んだ。

1年で2回も救急車のお世話になったのは、人生初。

 

昨年の後半3ヶ月は、これまでになく大変だったかもしれない。

そして。

やっと落ち着きを取り戻しつつある、昨今。

 

慌しい中でも坐禅ができていれば、余裕のない生活だったなんて

思わずにいられたのかもしれないなーとか。

同じペースをつかんでいられたのかもしれないなーとか。

あんなにいらいらしなかったかもしれないなーとか。

今となっては後の祭り。

 

すぐにキィィィーーってなるのを、いい加減にやめたい。

日々の中にもっと仏教をしみこませたい。

仏教ねえさんの理想に近い大人になりたい。

 

安泰寺に行きたい。

結局11月に行くって言ってて、行けなかったから。

今頃雪がすごいんだろうなぁ。

 

ただの雑記になってしまった。

 

 

1月に入ってから映画づくし。

海外ドラマも見尽くしたし、次は映画か。と、

huluとamazonプライムで手当たり次第観ている。

歴史ものが好きなため、どうしても戦争ものを選んでしまう。

そして、ナチ党が気になるため、ヒトラー関連の映画を立て続けに3本。

 

ヒトラー 最期の12日間

ヒトラー 最期の12日間 [DVD]

ヒトラー 最期の12日間 [DVD]

 

ドイツの無条件降伏までの12日間をヒトラー目線で描いたもの。

ヒトラーは凄まじいカリスマ性を持っていることは周知の事実。

敗戦国の末路は、どこの国も同じ。

戦争は人を狂気の中に叩き込むとはこういうことか。

そして、ヒトラーは自殺。

なんて無責任な。

ヒトラーを慕っていた人たちのことを考えないのか。

と憤りを感じてしまった。

 

 

ヒトラーの忘れもの

hitler-wasuremono.jp

 

大阪ではテアトル梅田で上映中。

日曜の夜の上映でも、20名くらいはいた。

 

デンマークで敗戦を迎えたドイツ人少年兵と一人のデンマーク人軍曹の物語。

三カ月の地雷原処理作業の中で、芽生える情。

果たして少年兵たちは故郷へ帰ることができるのか。

デンマークで地雷原の処理はドイツ人少年兵が主に行い、

地雷により亡くなったり、重傷にあった人が約半分。


終戦を迎えても、戦争は続いていくものだ。

ヒトラー自身は自殺して自分の戦争を終わらせたけど、

残された兵たちはそうはいかない。

だから、ヒトラーの忘れもの……ということか。

いい邦題をつけたものだと感心。

 

デンマーク人軍曹を演じたローラン・ムラさん、素敵。

インタビュー記事、あります。ハフィントン・ポストより

「敵でも座って話をすれば共通点が多いと気づく」 映画『ヒトラーの忘れもの』主演のローラン・ムラに聞く

 

 

シンドラーのリスト 

おそらく定番中の定番でしょうか。

前から、ホロコーストの映画を見るのがどうしてもイヤだった。

残酷なことをわざわざ観なくても、聞くだけでわかるから。

同じように、「夜と霧」(ヴィクトール・フランクル著)も手元にあるが、

どうしても読み出せない。

 

それでも、やっぱり観ておいたほうがいいのかもしれないと、

huluで放映されているから観ることに。

 

シンドラーさんの男気とスマートさと財力は、すさまじかった。

 

映像の力強さ。

モノクロからカラーへの切り替わり。

無条件降伏が発せられてからの、シンドラーさんのスピーチ。

どれもが心打たれるものだった。

 

なぜユダヤ人を大量に虐殺せねばならなかったのか。

理解に苦しむとはこういうことかと実感。

戦争は、ものすごく強烈な悪のパワーがひきめき合っていて、

どんなことでもありとされてしまうものらしい。

そんな時代の中にも、

杉原千畝さんのように、ユダヤ人を少しでも救おうとしていた

ドイツ人がいたことに、ささやかな生きる希望があったのかもしれない。

ただただ茫然。

観終わったあと、しばらくは呆け気味。

 

 

ヒトラー関連の映画の紹介。

まだまだ観ていない映画がある。引き続き観る。

 

 

過去にみたドイツの敗戦後の映画はこちら。

buddhistwoman.hatenablog.com

 

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

『地獄変』は強烈!これは芸術としか思えない。

教科書で読む名作 羅生門・蜜柑ほか (ちくま文庫)

教科書で読む名作 羅生門・蜜柑ほか (ちくま文庫)

ちくま文庫から平成28年12月10日に発刊された本。

掲載されている作品は、すべて教科書に出典されている。

 

 

羅生門」は、ふぅん。 

初めて羅生門を読んだと思われる中高生だったわたしには、羅生門のよさがわからなかった。*1

なぜ、傑作と言われるのかまったくわからなかった。

そのおかげで、残念ながらまったく覚えていない。

そもそも理解する素地というものが、わたしになかったせいか、

芥川さんの作品は、途中でつまらなくなって読まなくなってしまった記憶しかない。

 

今回、うん何年という年月を経て、あらためて読んでみた。

残念ながら、羅生門のスゴさを理解するにはまだ早すぎたようだ。

解説で羅生門について熱く語っていた三好行雄先生のようにはどうしても思えないのだ。

それでも、

「では、おれが引剥をしようと恨むまいな。おれもそうしなければ、餓え死する体なのだ。」(p23)

の言わんとすることはわかった。気がする。

 

 

地獄変」は強烈!もったいないことした!

なぜわたしは、この短編小説を知らなかったのだろう!

これまでの読書人生を無駄に過ごしたと後悔。

 

殿様からの依頼で良秀という高名な絵師が地獄変を描くことになる。

良秀は、描くものは「実際に自分で見たものしか描けない」という。

地獄変を完成させるにあたり、最後の重要なパーツを自力では実際に見ることができない。

そこで殿様にお願いし、叶えてもらうのだが・・・・・・

というのがとても簡単なあらすじ。

 

第三者からの目線で語られる物語。

大河ドラマのように、朗読から始まり役者が揃い、物語が進み朗読で終わる。

そんな様子が色濃く出ているような気がした。

おそらくこれが、芥川さん独特の文章のリズムというものなのでしょう。

これこそ傑作!

なぜにもっと早く、この話に興味をもたなかったのか。

とても悔やまれる。

 

「舞踏会」は、鹿鳴館

2番目によかった。

明治時代の社会背景の一部を切り取った話。

最後のオチ(?)は、うまい。

 

「鼻」は、想像してはいけないことを知りました。

鼻がそんなに長い人、いる??という発想に流れたからか、よさがわからない。

僧侶の鼻を、「一体どういう病気なんだろう」とリアルに考えたら負け。

わたしは負けた。

この作品が夏目さんの目に止まり、文壇に登ったという出世作

一度読んだだけでは、わたしにはむずかしいのかもしれない。

 

 

その他の短編も面白かった。

『藪の中』の男女関係の狡猾さ、生き抜く方便というか。

生臭い息づかいが漂っていた。

 

やっと100年くらい前の文学のよさがわかり始めた気がする。*2

久しぶりに人間味あふれる美しい日本語を見た。

 

個人的に、文学というものは、その作家の背景とともに読むのが一番だと思う。

芥川さんがどのような人生を送ったのか、

芥川龍之介 - Wikipedia でさっとおさらいを。

 

f:id:terasophy:20061108144735j:plain

**国立国会図書館ウェブサイトより 

 

また違う作品を読んでみることにする。

100年経っても色褪せない作品は、すでに芸術。アート。

 

 

平成29年 1冊目。

*1:見ただけかもしれない

*2:遅すぎる