仏教ねえさんの灯点し頃の骨休め

仏教について、少しずつお勉強したことを記録していこうと思って始めたブログです。ひよっこコラムニストです。

司馬遼太郎記念館に赴く

連日暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今朝は夢見が悪く、いつもならぐっすり眠っている朝8時に目覚め、それから二度寝もできず。

ならばと、お盆休みも終盤を迎え、特に何するでもない日々を過ごしておりましたが、お盆休みらしいことをしよう。と思い立ち。

前から行ってみたかった、

司馬遼太郎記念館 へ。

 

近鉄河内小阪駅から徒歩約10分。住宅街の中にありました。

司馬さんが執筆していたお部屋やそのおびただしい数の蔵書に圧倒され、「わたしもこんな風に本に囲まれて過ごしたいものよ」と壁一面の本棚に対し、羨望の眼差しを向けたのであります。

 

実は、司馬さんの著書は播磨灘物語しか読んだことがない。そして、人斬り以蔵を積読している有様。さほど司馬ファンではないことがわかってしまうけれども、坂の上の雲竜馬がゆくの生原稿を眺められたのは、至福のひとときでありました。これをきっかけに坂の上の雲竜馬がゆくに挑戦しよう。

 

司馬さんは、「すべての著書は22歳の自分への手紙だ」と語っておられました。22歳の時に終戦を迎え、なんと日本は愚かなのかと愕然とし、いつから日本は愚かになったのかを調べ始め、日本の歴史を紐解き始めたようです。その回答を若き日の自分へ向け、書き続けてきたのでしょう。自分へ向けて書き、自らの日本感を語る姿が、多くの読者を獲得した一つの要因になったのかなと、思いをはせたひとときでございました。

 

 

 

余談。

司馬さんの書く字はかわいらしいと思った。あとまったく気づいてなかったんだけど、うちのうさちゃんと同じ名前です。なんで気づかなかったんだろう。不思議。

 

 

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

 

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

 

 

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

 

この表紙の文字は司馬さんの字。

7月

今年の半分が終わりました。

なんだか落ち着かない半年で、イライラし通しの半年。

やりたいこともわからず、迷走続きの半年。

 

昨日、思い切って占いへ行ってきたら、ピタリと言い当てられて驚愕しました。

占いって侮れないなぁ。

10月も要注意みたい。また怪我にも注意みたい。心してかかるのと、どうしたいのかきちんと整理しておこう。

 

生きているといろんなことあるし、変な人もたくさんいて、どうしても関わっていかなくてはならない状況もある。それもまた勉強と思って、受け入れていこうという気持ちに少しずつなってきました。

 

人に会うことも億劫になって、申し込んでいた講座も行かず、引きこもっていたけれど、少しずつ会うようにしていこうと思えるようになってきたし、意欲的に見える人たちがたくさんいて、見るのもツラかったフェイスブックもやっと覗けるようになってきました。

 

なんでこんな状況になってるのか、イマイチよくわからないし、理解できないんだけど、そういうもんだわ、と思えば、なるようになってることなんだろうと思えるようになってきました。

 

7月はいい月にできるように、少しだけ頑張ります。たまたま今日、師匠が大阪にいらっしゃるので、会ってきます。たぶん、会うだけで、自分にとっていい影響はあると思うんだ。

人と関わらないようにしてきた半年におさらばしてきます。

 

人生初。大型地震を経験しました。

大阪市内の北寄りに住んでいるので、先週の大阪府北部地震を経験しました。

あんなに大きな地震に遭遇したのは初めて。

 

飼いうさちゃんがビックリして、動き回ってしまい、激しい揺れで本棚から飛び出したおびただしい本たちの下に埋もれてしまった瞬間を見た時には、揺れよりも、うさちゃんの命がなくなってしまう!!と、激しい恐怖を覚えました。

うさちゃんを守ろうと右手を伸ばした時、ハズレグセのある右肩を床に強打。激しい揺れの中で右肩脱臼……。

揺れが収まり、慌てて本たちをのけると、うさちゃんが飛び出てきて、命は助かってホッとしたけれど、何せ右腕が動かないし、イタイ……。

 

それでも慌てて、うさちゃんをキャリーに入れ、外に飛び出し、近所の開いているかもわからないけれど、整骨院へ急行。

開院前でしたが、中に明かりが!!

藁にもすがる思いで扉を叩き、開けていただきました。

 

右肩を脱臼したからはめてください!!涙

 

すぐに処置していただき、ホッと一息。

ガチガチに固めていただき、昼過ぎに整形外科を受診し、レントゲンを撮り、骨に異常なしの診断で、またホッと一息。

 

帰宅すると、うさちゃんの左目から涙が出ている。地震直後は元気にしていたけれど、痛そうに目をつむっている……。

動物病院が開く時間に、急行。

目に傷がついてしまっていました。幸いそれほど深くはなさそうで、またまたホッと一息。お薬をもらって、経過観察と相成りました。

 

 

というのが、地震に遭遇したわたしの1日。

 

ほんと、地震ってコワイですね。東日本大震災のときは、わたしよりもっとコワイ思いをした方も多かったんだろうな。自分が経験しないと、真の恐ろしさはわからない、と実感しました。もちろん、心から心配していたんだけど、やっぱりどこか他人事だったんだなーって。

 

地震から一週間。

少しずつ落ち着きを取り戻し、うさちゃんの左目からは涙が出てこないようになり、わたしの右肩もずいぶん回復してきました。

思えば、どっかーん!ユッサユッサユッサユッサ。え?え?と思っている間に、いろんなことが起こっていて、自然の圧倒的な力の前では、なすすべが全くないことに気づきました。

そして、日本のマンションの建築技術力の高さに驚きです。他国ならば、崩れてしまうマンションは多そうだし。

お家って、命を守るもの。マンションってすごいなー。これが当たり前って、日本すごい。クールジャパンってマンションのことじゃないか??と真剣に思います。

 

日本のどこでも地震は起こります。

いつ自分の住む地域に大きな地震が起こってもおかしくないのです。日本に地震について安心な場所はないのです。だから、備える。

備える技術が日本にあることに感謝です。

 

今回の地震で、惜しくもお亡くなりになられた方々に、心からご冥福をお祈りいたします。

これを教訓に、すべての地域で見直し、改善されることを強く、強く、希望します。失ってしまった命を無駄にしないよう、まだ来ぬ地震に備えてほしいと切に願います。

 

そして、連絡をくれたお友達や家族に感謝を。ありがとう。わたしは元気です。

やる気なし子状態でウジウジしてます

最近まったく外出する気持ちがなくなって、行こうと思ってた講座も行かないし、本は買っても読まなくなってしまったし、文章を綴るのもしんどかったりで、ほんとになあんもしてません。

 

お休みの日は、近所の喫茶店へコーヒーをすすりに行って、近所のお気に入りのマッサージ店でマッサージをしてもらう。というコースが定番になってます。

 

こんなにやる気が削がれているのは初めて。

原因はわかっているので、なんとかしようともがいている最中。

四面楚歌とは言わないけれど、表面上は理解してくれているとは思うけど、本心を理解してもらうのは、他人である限り難しいことです。

 

すべて自分次第。

他人に対して、必要以上に責任を持つ必要はないとは思うけれど、そんなに簡単に割り切れないなぁとグジグジ思うわけです。

 

最近お気に入りの宇宙兄弟

 

シャロンの言葉に、

迷った時はね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。
どっちが楽しいかで決めなさい。

 

宇宙兄弟(5) (モーニングコミックス)
 

 

どっちが楽しいのか。わからない。

思い悩む日々です。

 

4月になったので新しいこと、はじめました。

苦手な経理を仕事にしてます。

5年くらい前に簿記3級を取得しましたが、へろへろ。2級なんてとんでもないという状態。

それでも経理の仕事はできるものなのです。

だって、苦手なことは得意な人の助けを得ながらやれば、世の中のことは大抵できるのです。

会計ソフトを使えば、損益も貸借も作れるし、仕訳するのだってパターンが決まってるからコピーすれば万事オッケー。よくわからないものは税理士の先生に聞けば優しく教えてくれる。

ですが、そろそろ人の助けを得ながらするのも卒業して、自分でやろうと思い立ち。

簿記2時を取得するために通信講座に申し込みました。

 

簿記 通勤講座 - スマホで学べる資格講座

 

調べた中で一番安いから試してもいいかなぁ。もし期待通りでなかったとしても、これくらいなら仕方ないと諦められる。

我ながらネガティヴな思いからのチョイス。

 

過去に数回、独学でチャレンジしましたが、全く理解できず。まったくわからないんですよね。理屈が。

5回分を視聴しましたら、さすがに理屈を教えてくれます。これなら自分次第でなんとかなりそう。

 

6月合格を目標にがんばります。